国際警察協会について

国際警察協会(International Police Association=IPA)は、1950年、イギリスの故アーサー・トゥループ卿の提唱により発足した警察職員(OBを含む)の友好親善と国際交流を通じて安全で平和な国際社会の実現に貢献しようとするボランティア団体で、国際連合にもNGOとして正式に登録されています。
その活動は、各国の青年警察官が参加する訓練、研修や会議、各国の警察活動を側面から支援するための取り組みや研究など多岐に渡ります。

国際本部ホームページ

協会の活動

IPAの活動は活発です。各国IPAが安価で泊まれる宿泊施設を用意し、安心して参加できる安くて楽しい各種イベントを計画しています。
世界の警察関係者と意見やアイデアを交換し、平和な国際社会の実現に貢献するための理解を深める場として大変貴重かつ有効です。同じ志を持つ者同士、
すぐに打ち解け、まるで家族であるかのように触れ合えるのです。

日本会員数 2021年4月現在

世界会員は6大陸68カ国、加盟国以外の国も含めると100か国約37万2千人です。
さあ、あなたもメンバーに。

日本会員

0

OB会員

0

現職会員

0

サポート会員

0

入会案内

【入会資格】
現役の警察職員は勤務年数は問いません。
入会には会員の推薦が必要です。
会員の知り合いがいない方はその旨を事務局にお知らせください。
OBの方は、原則として勤務年数が20年以上の方が対象です。
みなす公務員(警察事務従事者)も入会できる場合があります。
全ての入会者に対して理事会での審議があります。
審議結果によっては、入会を認められない場合もあります。
入会が認められれば、会員証、会員バッジ、規約等を送付します。

【年会費】
¥5,000
(10月~3月の入会の場合、初年度のみ¥2,500)
サポート会員  ¥3,000(個人)
       ¥50,000(団体)

警察職員以外で、IPAの活動を理解し賛同される個人または団体は
サポート会員として入会することができます。サポート会員になると、外国会員との交流の場(歓迎会など)へ参加することができます。

興味のある方はメールで事務局に連絡をください。
国際警察協会は友好団体です。犯罪の届出や相談は受付けていません。
被害申告等は、最寄りの警察署または法執行機関に連絡してください。

✉ お問合せ
Translate »